オネーダ族(読み)オネーダぞく(英語表記)Oneida

翻訳|Oneida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オネーダ族
オネーダぞく
Oneida

アメリカ東海岸,オンタリオ湖南部のニューヨーク州ほぼ中央のオネーダ湖付近に居住していたアメリカインディアンの一民族。イロコイ連盟を構成した民族の一つ。村落は1つで,17世紀のその人口は数百人程度といわれる。村の周囲にめぐらした高い柵の中には母系拡大家族がいくつかのロングハウスに分れて住んだ。母系氏族の長老の女性に補佐された世襲制の首長をリーダーとし,決定機関は大人全員が参加・投票する村集会であった。 17世紀に入植してきたオランダ人と接触して毛皮交易に参加,以来トウモロコシなどの農耕とシカなどの狩猟による生活は次第に崩壊。 19世紀末には白人が経営する農場や村で雑役労働者となった。その後ウィスコンシン州やニューヨーク州などの指定居留地に移され,現在の人口は約1万 1000と推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android