コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オノエリンドウ おのえりんどう

1件 の用語解説(オノエリンドウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オノエリンドウ
おのえりんどう / 尾上竜胆
[学]Gentianella takedae (Kitag.) Satake

リンドウ科の越年草。茎は高さ5~25センチメートル。葉は広披針(こうひしん)形、先は鈍くとがり、基部は円く柄(え)はない。8~9月、茎頂や葉腋(ようえき)に紅紫色または青紫色の花を上向きに開く。花冠は4裂ないし5裂する。高山帯の風当りの強い草原に生え、北海道南部、本州の中部地方に分布する。名のオノエは高所の意味。オノエリンドウ属は花冠裂片の喉部(こうぶ)に細裂する内片がある。世界に250種、そのうち日本に3種ある。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオノエリンドウの言及

【タカネリンドウ】より

… 日本の高山性リンドウ科植物には分布の極限されたものもある。北海道の礼文島,大平山などには,花冠裂片の内側に房状付属物をもち,萼裂片が耳状のチシマリンドウGentianella auriculata (Pall.) Gillettが,大雪山,夕張岳,日高山脈には萼裂片が線状披針形のユウバリリンドウG.yuparensis (Takeda) Satakeがみられ,その亜種オノエリンドウssp.takedae (Kitagawa) Toyokuniは,本州中部と北海道羊蹄山の高山帯にみられる。また全体小型で,花冠裂片の房状付属物が中央で2群に裂けるサンプクリンドウComastoma pulmonarium (Turcz.) Toyokuni ssp.sectum (Satake) Toyokuniは南アルプス高山帯の特産である。…

※「オノエリンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone