コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オピス Opis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オピス
Opis

前 539年にアケメネス朝ペルシアキュロス2世によって滅ぼされたバビロニアの古代都市。カファジェの近くでチグリス川に合する運河沿いの町であったとされている。ヘロドトスの『歴史』やクセノフォンの『アナバシス』に記載がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オピスの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)WHOによる糸球体疾患の分類ギリシア美術ギリシア神殿パルテノンアクシャク麻酔前投薬神殿建築叙事詩圏原生動物ペチジン貧毛類アヘン鎮痛薬ケラ手術

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android