コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オピス Opis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オピス
Opis

前 539年にアケメネス朝ペルシアキュロス2世によって滅ぼされたバビロニアの古代都市。カファジェの近くでチグリス川に合する運河沿いの町であったとされている。ヘロドトスの『歴史』やクセノフォンの『アナバシス』に記載がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オピスの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)WHOによる糸球体疾患の分類ギリシア神殿ギリシア美術アクシャクパルテノン麻酔前投薬ペチジン叙事詩圏原生動物神殿建築アヘン鎮痛薬貧毛類手術ケラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android