コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフリド Ohrid

デジタル大辞泉の解説

オフリド(Ohrid)

マケドニア西部の都市。アルバニアとの国境にあるオフリド湖東岸に位置する。旧市街には、ブルガリア帝国支配下の9世紀から11世紀にかけて、多数の教会が建造され、スラブ世界における正教文化の拠点となった。1979年と1980年に、オフリド地域の自然・文化的景観が世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オフリドの関連キーワードオフリド地域の自然遺産及び文化遺産ゲオルギ パルバノフ聖ヨハネカネヨ教会マケドニア共和国聖ソフィア大聖堂オフリド[湖]聖ナウム修道院スベティナウムサムイル要塞マケドニアオクリダ湖プレスパ湖テモ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android