コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペアンプ オペアンプoperational amplifier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オペアンプ
operational amplifier

演算増幅器。アナログコンピュータに用いられていたが,最近の集積回路の発展により,きわめて重要な回路素子となっている。オペアンプの理想は,入力インピーダンスが無限大で出力インピーダンスが0,差動利得が無限大で周波数依存性がなく,同相利得が0,また電圧・電流オフセットが0であることである。このオペアンプを用いてインピーダンス変換器,差動増幅器,電圧-電流交換器,能動フィルタなどができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オペアンプ

オペレーショナル・アンプリファイヤーoperational amplifier(演算増幅器)の略で,代表的なアナログ集積回路。理想的には利得無限大,入力抵抗ゼロの増幅器であるが,実際には利用する信号に対して十分な利得をもち,入力抵抗が無視できることが条件となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

オペアンプの関連情報