コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オマグア族 オマグアぞくOmagua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマグア族
オマグアぞく
Omagua

アマゾン川上流域に住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語はトゥピ諸語に属する。 17世紀にキリスト教布教の根拠地となり,オマグア語は近隣民族間の公用語として用いられ広く分布した。その後ポルトガル人による奴隷狩りなどでジャングルに追われ,今日生存する人口は非常に少い。マニオク (キャッサバ) 栽培のほか,カメや魚類を食糧源として捕獲する。かつては首長神官,奴隷などの階層に分れ,さらにいくつかのが強大な権力をもつ大首長のもとに統合される発達した社会であった。高い川岸に1列に住居が並ぶ独特の集落形態をとり,また村と村が近接しているため,家屋が数 kmにわたり連続して建てられているようにみえたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオマグア族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…おもな語族は,アラワク,カリブ,トゥカノ,パノ,トゥピ・グアラニー,ジェ,そのほか系統の不明な言語も少なくない。16世紀のころ,アマゾン川本流の中流部には,オマグア族その他トゥピ・グアラニー語の諸族が,大きな集落を構えていたが,ポルトガル人やスペイン人の進出がさかんになるにつれて急激な人口減少が生じた。一般には,焼畑農耕のため集落移動性が高く,また,集落の規模は小さく,人口密度が低い。…

※「オマグア族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android