コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集落形態 しゅうらくけいたいsettlement pattern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集落形態
しゅうらくけいたい
settlement pattern

人間の居住の本拠としての家々の分散,集合の形態。形態には平面形態と立面形態がある。前者は地形図上に表現された家屋の配列の状態から,幾何学的形態に着目して類型化したもの,後者は集落を構成する建造物の立体的形態から類型化したもの。集落の場合には平面形態は散村集村とに大別,さらに集村は塊村,列村,円村などと類型化される。都市の平面形態は都市域の輪郭や道路網の分布などに着目して,規則的都市と不規則的都市に分けることができる。自然発生的都市は一般に不規則で,計画的設定都市は規則正しい輪郭や道路網を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android