オランダセンニチ(英語表記)Spilanthes acumella L.

世界大百科事典 第2版の解説

オランダセンニチ【Spilanthes acumella L.】

東南アジア原産のキク科一年草。見たところ花がヒユ科センニチコウに似ているので,センニチモドキの別名がある。草丈は約30cm,地際でよく枝を分け,褐色がかった緑色の広卵形の葉を対生する。7~9月に枝を分けた茎頂に直径約2cmの長球形の頭状花をつけるが,舌状花はまったくない。管状花ばかりの集まりで,開いたものは緑黄色,頂部の開かない花は褐色で,その色合いがおもしろいので切花として栽培されることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android