コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリベクローナ オリベクローナOlivecrona, Karl

1件 の用語解説(オリベクローナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリベクローナ
Olivecrona, Karl

[生]1897.10.25. ウプサラ
[没]1980.
スウェーデンの法哲学者,民事訴訟法学者。ウプサラ大学を卒業後,同大学,ルンド大学の教職を歴任。 1964年退官した。法学における形而上学的要素を排除し,法学を経験科学として再構成しようとするスカンジナビア・リアリズム (→リアリズム法学 ) の代表者の一人。主著『事実としての法』 Law as Fact (1939) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オリベクローナの関連キーワードフィリピン革命帝国大学オールコック大韓帝国京都大学京都大学東京大学ドイツ映画日本映画美文

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone