コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリベクローナ Olivecrona, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリベクローナ
Olivecrona, Karl

[生]1897.10.25. ウプサラ
[没]1980.
スウェーデンの法哲学者,民事訴訟法学者。ウプサラ大学を卒業後,同大学,ルンド大学の教職を歴任。 1964年退官した。法学における形而上学的要素を排除し,法学を経験科学として再構成しようとするスカンジナビア・リアリズム (→リアリズム法学 ) の代表者の一人。主著『事実としての法』 Law as Fact (1939) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オリベクローナの関連キーワード法(社会規範)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android