オリンピアの古代遺跡(読み)オリンピアのこだいいせき

世界遺産詳解の解説

オリンピアのこだいいせき【オリンピアの古代遺跡】

1989年に登録されたギリシアの世界遺産(文化遺産)。オリンピアは、ペロポネソス半島西部、クロノスの丘の麓にある古代ギリシアの都市国家。ここは古代オリンピックが行われた場所として知られているが、それにまつわる遺跡が数多く残されている。古代オリンピックの起源は紀元前776年にさかのぼる。以降、4年ごとにレスリング、格闘技、戦車競走、競馬などの運動競技などが行われるようになった。古代オリンピックは393年にローマ帝国のテオドシウス1世による禁止命令が出るまで1000年以上続いた。このオリンピックが1896年、フランスのクーベルタン男爵によって復活され、近代オリンピックが始まった。オリンピアには一周約192.3mのトラックを持つ競技場(スタディオン)、今日オリンピックが行われる際、必ず聖火の点火が行われるヘラ神殿、ゼウス神殿、プリュタネイオン(迎賓館)、ギムナシオン(体育館)、レオニダイオン(宿泊施設)、フィリッペイオン(マケドニア王フィリッポス記念堂)などの遺構が残されている。また、オリンピア考古学博物館では、この遺跡から発見されたニケ女神像やヘルメス像などの彫刻が収蔵・展示されている。◇英名はArchaeological Site of Olympia

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android