コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアンの少女 オルレアンのしょうじょ

大辞林 第三版の解説

オルレアンのしょうじょ【オルレアンの少女】

シラーの悲劇。1801年刊。愛を捨てて使命に殉じたフランス救国の天使少女ヨハンナ(ジャンヌ=ダルク)の気高い姿を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オルレアンのしょうじょ〔‐のセウヂヨ〕【オルレアンの少女】

《原題、〈ドイツ〉Die Jungfrau von Orleansシラーの戯曲。5幕の悲劇。1801年初演。百年戦争時代、フランスで救国の聖少女といわれたジャンヌ=ダルクを題材とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オルレアンの少女【オルレアンのしょうじょ】

ジャンヌ・ダルク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

オルレアンの少女の関連キーワードチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)チャイコフスキー(年譜)裁かるるジャンヌジャンヌダルクエルモーロワ藤沢 古雪ジャンヌダルク使命

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android