オルレアン公ルイ・フィリップ・ジョゼフ(読み)オルレアンこうルイ・フィリップ・ジョゼフ(英語表記)Orléans, Louis-Philippe-Joseph, Duc d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルレアン公ルイ・フィリップ・ジョゼフ
オルレアンこうルイ・フィリップ・ジョゼフ
Orléans, Louis-Philippe-Joseph, Duc d'

[生]1747.4.13. サンクルー
[没]1793.11.6. パリ
フランスの政治家。自由主義派の王族として,フランス革命に参加したことで知られる。別称フィリップ平等公」 Philippe Égalité。新思想とイギリス議会政治に共鳴し王政を批判。貴族代表として 1789年の全国三部会に参加した。同年,十月事件 (王権停止) 後イギリスに亡命。 92年9月パリから国民公会議員に選出され,国王ルイ 16世処刑に賛成投票したが,彼自身も革命裁判所によって投獄され,死刑に処せられた。フランス最後の国王ルイ・フィリップ (在位 1830~48) の父。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android