コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレオマーガリン オレオマーガリンoleomargarine

翻訳|oleomargarine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレオマーガリン
oleomargarine

オレオ油 oleo oilともいう。牛脂融点 (40~50℃) 近くの温度で圧搾して得られた油。さらに低温で圧搾して得た油分を牛脂油という。マーガリン原料として食用硬化油が普及するまで多用された。食塩水で洗浄,精製した最も良質のものは食用とする。その他のものは工業用油脂原料や潤滑油などに用いる。アメリカ,オーストラリアに多く産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

オレオマーガリン

 牛脂を約30℃に保ち,固形分と液状分に分離したその液状部分.食用,セッケン,工業用オレイン酸などの原料.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のオレオマーガリンの言及

【タロー】より

…タローの融点は40~46℃で,脂肪酸組成はラウリン酸0.2%以下,ミリスチン酸2~8%,パルミチン酸24~37%,ステアリン酸14~29%,オレイン酸40~50%,リノール酸1~5%でヨウ素価は35~48である。タローを圧搾して得られる油をオレオマーガリンまたはオレオ油といい,硬い固形の脂肪をオレオステアリンという。オレオマーガリンは主としてオレイン酸グリセリドより成り,オレオステアリンはパルミチン酸およびステアリン酸グリセリドより成る。…

※「オレオマーガリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オレオマーガリンの関連キーワードヘット

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android