オーネット コールマン(英語表記)Ornette Coleman

20世紀西洋人名事典の解説

オーネット コールマン
Ornette Coleman


1930.3.19 -
米国のジャズ・アルト・サックス奏者。
テキサス州フォート・ワース生まれ。
ロサンゼルスビ・バップをデフォルメしたジャズで注目され、1959年センセーショナルなニューヨークデビューを果たし賛否両論を巻き起こす。従来の奏法にとらわれぬ自由な表現と強烈な訴えかけは、音楽世界に新次元を開いたとされ60年代フリー・ジャズ出発点となる。主要作品に「ジャズ来るべきもの」(’59年)、「ゴールデン・サークル」(’65年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

オーネット コールマン
Ornette Coleman


国籍
米国

専門
ジャズ・サックス奏者;作曲家

トピック
フリー・ジャズの祖

生年月日
1930/3/19

出生地
テキサス州フォートワース

経歴
7歳で父親と死別。残された家族を養うため、アルトサックスを独学で学び、生地フォートワースで演奏活動を開始。1950年ロサンゼルスに活動の場を移し、’58年ドン・チェリー、ビリー・ヒンギスらを率いて、リーダーアルバム「サムシング・エルス」でデビュー。のちモダン・ジャズ・カルテットのリーダーであるジョン・ルイスに才能を認められ、ニューヨークに活動の拠点を移すや、’59年「ジャズ来るべきもの」、’61年「フリージャズ」といったアルバムを世に送り出し、フリージャズへの道を開く。’65年映画「Chappaqua(チャパカ)」のサントラ録音、同年の欧州ツアーなどで活躍を続け、’71年ニューヨークのソーホーにアーティスト・ハウスを開き、作曲活動も行う。この間、自己のカルテットやエレクトリック・バンド、プライム・タイムでも活動し、数々のアルバムを発表。’70年代にはコードからの解放と新しい即興概念を試み、独自の音楽理論“ハーモロディクス”を構築する。他の作品に欧州ツアー中の「ゴールデン・サークル」(’65年)、ロンドン・フィルと共演した「アメリカの空」(’72年)、エレクトリックギターやモロッコの民族音楽団を大胆に取り入れた「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」(’73年)、パット・メセニーらとの共演による「ソングX」(’86年)、映像と音楽をミックスした新しい試み「ナイト・アット・インターゾーン」(’92年)などがある。また、自身の記録映画に「メイド・イン・アメリカ」(’85年)がある。’67年以来たびたび来日しており、2001年高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2006年の来日公演では渡辺貞夫と共演。2007年ピュリッツアー賞を受賞。

受賞
ピュリッツアー賞〔2007年〕 ジャズ・ディスク大賞(第29回)〔1996年〕「トーン・ダイアリング」;世界文化賞(音楽部門,第13回)〔2001年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android