コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンスペーステクノロジー オープンスペーステクノロジー

人事労務用語辞典の解説

オープンスペーステクノロジー

「オープンスペーステクノロジー」(OST)は、関係者が一堂に会して話し合うホールシステム・アプローチの代表的な手法です。大まかなテーマに沿って、参加者自らが解決したい問題や議論したい課題を提示、進行の段取りも自主的に決めるなど、個人の主体性を重視することで参加者のコミットメントを最大限に引き出すのが特徴です。OSTは、参加人数の多少にかかわらず、生産的かつ創造的なミーティングやカンファレンスを実施し、集合的意思形成に向けた取り組みを促します。
(2011/12/26掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

オープンスペーステクノロジーの関連キーワードショーミン厳重に監視された列車ヴィルマンオストジャパングループ騒音モーリッツブルク城ブラントライヒ=ラニツキ玉井 喜作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android