オールウェザートラック(英語表記)all-weather track

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オールウェザートラック
all-weather track

どのような気象条件にも表層に変化を起こさない,全天候型舗装を行なった陸上競技走路。一般に特殊な合成樹脂であるポリウレタン系の舗装材を走路に設備する。アメリカの 3M (ミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリング) 社のタータントラックが 1961年に開発され,1968年のオリンピックメキシコ大会で正式に使用された。日本では 1968年に初めて導入され,1973年に国立競技場がオールウェザートラックに整備された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オールウェザー‐トラック

(all-weather track) 競技場のトラックで、どのような気象条件にも変化を起こさない全天候型のトラック。特殊な材料で表層を処理してある。オールシーズントラック。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android