コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立競技場 こくりつきょうぎじょう

8件 の用語解説(国立競技場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立競技場
こくりつきょうぎじょう

1958年に設立された諸競技施設。独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営している。明治神宮外苑の霞ヶ丘競技場をはじめ代々木競技場 (プールを含む屋内総合競技場) ,同別館 (バスケットボールコートなど) ,秩父宮ラグビー場 (テニスコートを含む) ,西が丘競技場 (サッカー場,体育館) ,戸田艇庫などの諸施設がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国立競技場

前身の「明治神宮外苑競技場」は1924年、日本初の本格的な陸上競技場として建設された。サッカーやラグビーの会場としても使われ、太平洋戦争では学徒出陣の壮行会が開かれた。戦後の一時期は連合軍に接収されて「ナイルキニック・スタジアム」と改名された。ナイルキニックは米国の軍人の名にちなむ。58年の第3回アジア競技大会の主会場と決まり、建て替えられて今の競技場が生まれた。64年の東京五輪でも主会場となり、開会式や陸上競技、サッカー、馬術が行われた。マラソンでは2位で戻ってきた円谷幸吉さん(故人)がゴール直前の第3コーナーで英国の選手に抜かれ、銅メダルを獲得した。

(2006-09-16 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐きょうぎじょう〔‐キヤウギヂヤウ〕【国立競技場】

東京都新宿区明治神宮外苑にあった陸上競技場。昭和33年(1958)完成。昭和39年(1964)開催の東京オリンピックでは中心会場となった。平成26年(2014)、新国立競技場への建て替えのため閉鎖、解体。観客約7万5000人収容。正式名称は国立霞ヶ丘陸上競技場

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立競技場【こくりつきょうぎじょう】

国立競技場法〉(1958年)に基づき,その設置する体育施設を管理・運営し,体育の振興を図り,国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする特殊法人として設立。
→関連項目神宮外苑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

国立競技場

東京都新宿区にあるスポーツ施設。1958年開設。座席数は約5万300席。国立霞ヶ丘競技場内にあり、正式名称は「国立霞ヶ丘陸上競技場」。1964年、第18回オリンピック夏季大会の開会、閉会式が行われた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくりつきょうぎじょう【国立競技場】

〈国立競技場法〉によって,1958年4月設立された政府全額出資の特殊法人。この法人は霞ヶ丘競技場(陸上競技場,庭球場,秩父宮ラグビー場),代々木競技場(第1,第2体育館),大倉山ジャンプ競技場,西が丘競技場,戸田艇庫などの体育施設およびその付属施設の運営・管理にあたるとともに,体育,スポーツに関する内外の資料の収集・整理・保存に努めるなど,体育の普及振興のために必要な事業を行っている。なお,一般的には東京オリンピック大会(1964)の開・閉会式の会場にあてられた〈霞ヶ丘陸上競技場〉の別称としても知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくりつきょうぎじょう【国立競技場】

東京都新宿区、明治神宮外苑にある陸上競技場。七万人の観客が収容でき、1964年(昭和39)のオリンピック東京大会では主競技場として使われた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立競技場
こくりつきょうぎじょう

特殊法人の一つ、またそれが管轄する競技場。第3回アジア競技大会(1958)の主競技場として、もとの明治神宮外苑(がいえん)陸上競技場(1924建設)を取り壊し、その跡地に1958年(昭和33)約5万8000人収容の霞ヶ丘(かすみがおか)陸上競技場が建設された。その管理運営のために同年、国立競技場法が制定され、この法律に基づいて特殊法人国立競技場が設立された。その後1964年の第18回オリンピック東京大会開催にあたり約7万2000人収容の競技場に改造され、待望の聖火がともされた。特殊法人国立競技場のおもな施設にはほかに、秩父宮(ちちぶのみや)ラグビー場、オリンピックプールとして有名な代々木競技場第一体育館およびバスケットボールの第二体育館、札幌オリンピック大会の会場となった大倉山ジャンプ競技場、体育館・サッカー場などの西が丘競技場、戸田艇庫などがある。なお、1986年3月同法は廃止され、新たに日本体育・学校健康センター法に基づいた同名の特殊法人として再発足した。[中山克彦]

その後の動き

大倉山ジャンプ競技場は、1995年、札幌市に移管された。また、特殊法人日本体育・学校健康センターは、2003年に設立された独立行政法人日本スポーツ振興センターに移行し、霞ヶ丘競技場、代々木競技場、秩父宮ラグビー場などは、日本スポーツ振興センターの管轄となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国立競技場の言及

【競技場】より

…現在の大規模な競技場としてはロンドンのウェンブレー競技場(収容能力12万6000人),ロサンゼルス・コロシアム(10万5000人),ルーズニキ競技場(旧レーニン中央スタジアム,10万3000人)などが有名である。ちなみに東京オリンピックの主会場となった霞ヶ丘陸上競技場(国立競技場)の座席数はおよそ5万席である。 このような観覧席を備えた競技場は,競技用のスペースをすり鉢形の観覧席で取り囲むのが一般的な形状となっている。…

※「国立競技場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国立競技場の関連キーワード神宮明治神宮野球場外苑明治神宮外苑外苑西通り外苑東通り明治公園神宮外苑花火大会聖徳記念絵画館明治神宮大会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立競技場の関連情報