コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オール・オーバー オール・オーバー all-over

1件 の用語解説(オール・オーバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オール・オーバー
オール・オーバー
all-over

「全面を覆う」という意味。この言葉は,カンバスの表面全体が,多少の構成の差はあっても単一な手法で比較的均一に描かれた絵画に対して使われる。 J.ポロックの「ドリッピング」 (絵具をしたたらせる) 技法に対して最初に用いられ,一般にポロックの絵画が念頭に置かれるが,C.トゥオンブリやカラー・フィールド・ペインティングの画家に用いられることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オール・オーバーの関連キーワード外科日の下開山目を覆うレセプション言葉は身の文始めに言葉ありき糸状乳頭エドワーズ:クマリ/piano soloドントマインド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オール・オーバーの関連情報