コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイラス山 カイラスさんMt.Kailas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラス山
カイラスさん
Mt.Kailas

中国南西部,チベット自治区南西部にある山。現地名カンリンポチェ (岡林波斉) 山。ヒマラヤ山脈と並行に延びるカンティセ (岡底斯) 山脈中の最高峰で標高は 6714m。シバ神が瞑想にふける山として古くからヒンドゥー教徒の信仰の対象となってきたほか,チベット仏教においては世界の中心にある山とされている須弥山に模せられ,聖地としてあがめられてきた。現在も外国人旅行者には非開放の山となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カイラスさん【カイラス山】

中国、チベット自治区南西部にある山。海抜六六五六(あるいは六七一四)メートル。チベット仏教・仏教・ヒンズー教の聖山。ガンディセ山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カイラス山の関連キーワードニエンチェン・タンラ[山脈]カンティセ(岡底斯)山脈マーナサローワル[湖]ブラフマプトラ[川]ブラマプトラ[川]カイラーサ[山]カイラス[山脈]インダス[川]ブラマプトラ川ガンディセ山脈ブラマプトラガルヤルサインダス川山岳信仰シバ神獅泉河アピ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android