カイラス山(読み)カイラスさん(英語表記)Mt.Kailas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラス山
カイラスさん
Mt.Kailas

中国南西部,チベット自治区南西部にある山。現地名カンリンポチェ (岡林波斉) 山。ヒマラヤ山脈と並行に延びるカンティセ (岡底斯) 山脈中の最高峰で標高は 6714m。シバ神が瞑想にふける山として古くからヒンドゥー教徒の信仰の対象となってきたほか,チベット仏教においては世界の中心にある山とされている須弥山に模せられ,聖地としてあがめられてきた。現在も外国人旅行者には非開放の山となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カイラスさん【カイラス山】

中国、チベット自治区南西部にある山。海抜六六五六(あるいは六七一四)メートル。チベット仏教・仏教・ヒンズー教の聖山。ガンディセ山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カイラス‐さん【カイラス山】

(カイラスはKailas) 中国、チベット自治区南西部にある山。標高六六五六(六七一四とも)メートル。ラマ教、仏教、ヒンズー教の聖山。カンリンポチェ峰。ガンディセ山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

カイラス山の関連情報