コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロ演説 カイロエンゼツ

1件 の用語解説(カイロ演説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カイロ‐えんぜつ【カイロ演説】

米国大統領オバマが2009年6月にカイロ大学で行った演説。「I have come here to seek a new beginning between the United States and Muslims around the world(私は米国と世界中のイスラム教徒との新たな始まりを求めてここへ来た)」と語り、過激主義者によるテロには容赦なく立ち向かうとした上で、アフガニスタンイラクの安定化やパレスチナ問題の解決に向けた道筋、核開発を進めるイランとの対話の重要性などを唱え、イスラム社会との融和を探る姿勢を示した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイロ演説の関連キーワードカイロ宣言大統領府ブッシュCEAバラクHオバマWJクリントン主要経済国フォーラムファーストドッグジョージHWブッシュオバマ大統領の人種政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カイロ演説の関連情報