コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエターニ カエターニ Caetani, Don Leone Duca di Sermoneta

2件 の用語解説(カエターニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエターニ
カエターニ
Caetani, Don Leone Duca di Sermoneta

[生]1869.9.12. ローマ
[没]1935.12.25. カナダバンクーバー
イタリアイスラム学者。中近東を広く旅行し,この地方の歴史の研究に業績があった。"Annali del' Islām" (10巻) を編纂したことで名高い。ほかに"Chronographia Islamica" (1912) ,"Cronografia generale" (23) ,"Onomasticon Arabicum" (15) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カエターニ
かえたーに
Leone Caetani
(1869―1935)

イタリアのイスラム学者。名門貴族に生まれ、独学でセム学、イスラム学を修めた。19世紀末アラブ諸国を踏査し、のち記念碑的大作『イスラム年代記』10巻を著した。本書はムハンマドマホメット)と正統カリフ時代に関する古典的研究書で、とくにアラブの大征服についての論が独創的である。つまり、セム人の故地はアラビア半島であるとの説を唱え、その民族移動の最後の、最大のものがアラブの大征服であると主張して、大征服の要因としてのイスラムの役割を否定した。ムッソリーニの一党と政見を異にしたり、個人的問題で研究生活をやめ、1925年カナダに渡り、バンクーバーで没した。[花田宇秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カエターニの関連キーワードローマ暦ローマンローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭イエローマスクローマの祭り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone