コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエレ Caere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエレ
Caere

エトルリアの古代都市。ローマの北方 50km,チレニア海岸に臨む位置にあった。現チェルベテリ。12都市連合の一つで前7~前5世紀に東地中海世界との通商で栄えた。この地の墳墓から発掘された金,銀の装身具は前7世紀以来の精巧な様式を示し,エトルリアのオリエント化時代の芸術を代表している。(→チェルベテリ遺跡

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカエレの言及

【チェルベテリ】より

…エトルリア12都市同盟の一つ。古代名カエレCaere。ヘロドトスはテッサリア人が建設したと記しているが,考古学資料によれば前8世紀エトルリア人によって造られたとされる。…

※「カエレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カエレの関連キーワードカイルアビーチマリヌス1世トルクワツスエトルリア人ペラギウス坪田秀雄マレンマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android