コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエレ カエレ Caere

1件 の用語解説(カエレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエレ
カエレ
Caere

エトルリア古代都市ローマの北方 50km,チレニア海岸に臨む位置にあった。現チェルベテリ。12都市連合の一つで前7~前5世紀に東地中海世界との通商で栄えた。この地の墳墓から発掘された金,銀の装身具は前7世紀以来の精巧な様式を示し,エトルリアオリエント化時代の芸術を代表している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカエレの言及

【チェルベテリ】より

…エトルリア12都市同盟の一つ。古代名カエレCaere。ヘロドトスはテッサリア人が建設したと記しているが,考古学資料によれば前8世紀エトルリア人によって造られたとされる。…

※「カエレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カエレの関連キーワードエトルリアエトルリア人タルキニアタルクイニアチェルベテリヒストリア遺跡ローマの七丘ローマの祭ローマの祭りチェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カエレの関連情報