コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエレ カエレCaere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエレ
Caere

エトルリアの古代都市。ローマの北方 50km,チレニア海岸に臨む位置にあった。現チェルベテリ。12都市連合の一つで前7~前5世紀に東地中海世界との通商で栄えた。この地の墳墓から発掘された金,銀の装身具は前7世紀以来の精巧な様式を示し,エトルリアのオリエント化時代の芸術を代表している。(→チェルベテリ遺跡

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカエレの言及

【チェルベテリ】より

…エトルリア12都市同盟の一つ。古代名カエレCaere。ヘロドトスはテッサリア人が建設したと記しているが,考古学資料によれば前8世紀エトルリア人によって造られたとされる。…

※「カエレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カエレの関連キーワードカイルアビーチエトルリア人マリヌス1世トルクワツスペラギウス坪田秀雄マレンマ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android