カオプラウィハーン国立公園(読み)カオプラウィハーンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

カオプラウィハーン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カオプラウィハーン国立公園】

Khao Phra Wihan National Park》タイ北東部、イサーン地方南部の国立公園。シーサケットの南約100キロメートルに位置する。9世紀末にヒンドゥー教寺院が建立され、クメール朝時代の11世紀に増築された。カンボジアとの国境にあり、カンボジア領ではプレアビヒア寺院とよばれ、2008年にカンボジアの世界遺産(文化遺産)に登録。2008年と2011年に両国の間で遺跡の帰属をめぐって武力衝突が起こり、2013年、国際司法裁判所がカンボジア領と認定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android