カオプラウィハーン国立公園(読み)カオプラウィハーンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

カオプラウィハーン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カオプラウィハーン国立公園】

Khao Phra Wihan National Park》タイ北東部、イサーン地方南部の国立公園。シーサケットの南約100キロメートルに位置する。9世紀末にヒンドゥー教寺院が建立され、クメール朝時代の11世紀に増築された。カンボジアとの国境にあり、カンボジア領ではプレアビヒア寺院とよばれ、2008年にカンボジアの世界遺産(文化遺産)に登録。2008年と2011年に両国の間で遺跡の帰属をめぐって武力衝突が起こり、2013年、国際司法裁判所がカンボジア領と認定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android