コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カカツガユ かかつがゆ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カカツガユ
かかつがゆ
[学]Maclura cochinchinensis (Lour.) Corner

クワ科の常緑藤本(とうほん)または木本。別名ヤマミカン。大きなものは高さ10メートル、径10センチメートルにもなる。枝や葉は乳液を含む。葉腋(ようえき)に長さ約1.5センチメートルの刺(とげ)を生じ、刺は針状か逆さに曲がってかぎ針状。葉は互生し柄があり、長楕円(ちょうだえん)形ないし倒卵形で長さ4~7センチメートル、全縁で薄い革質。球形の頭状花序は1、2個で腋生し、雌雄異株。集合果は径約2センチメートル、黄色に熟し若葉とともに生食できる。材や根は黄色染料とする。本州南西部から沖縄、四国の丘陵地に生え、東南アジア、インド、オーストラリア、東アフリカに分布する。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカカツガユの言及

【ハリグワ】より

…また葉はクワより堅いが,カイコに食わせる。カカツガユC.cochinchinensis (Lour.) Kudo et Masam.は,ややつる性の常緑木本で,暖帯南部から亜熱帯に広く分布し,日本でも山口県,四国南部,九州,琉球に自生する。【岡本 素治】。…

※「カカツガユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カカツガユの関連キーワードヤマミカン山密柑桑科味葛甘葛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android