コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カカツガユ かかつがゆ

1件 の用語解説(カカツガユの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カカツガユ
かかつがゆ
[学]Maclura cochinchinensis (Lour.) Corner

クワ科の常緑藤本(とうほん)または木本。別名ヤマミカン。大きなものは高さ10メートル、径10センチメートルにもなる。枝や葉は乳液を含む。葉腋(ようえき)に長さ約1.5センチメートルの刺(とげ)を生じ、刺は針状か逆さに曲がってかぎ針状。葉は互生し柄があり、長楕円(ちょうだえん)形ないし倒卵形で長さ4~7センチメートル、全縁で薄い革質。球形の頭状花序は1、2個で腋生し、雌雄異株。集合果は径約2センチメートル、黄色に熟し若葉とともに生食できる。材や根は黄色染料とする。本州南西部から沖縄、四国の丘陵地に生え、東南アジア、インド、オーストラリア、東アフリカに分布する。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカカツガユの言及

【ハリグワ】より

…また葉はクワより堅いが,カイコに食わせる。カカツガユC.cochinchinensis (Lour.) Kudo et Masam.は,ややつる性の常緑木本で,暖帯南部から亜熱帯に広く分布し,日本でも山口県,四国南部,九州,琉球に自生する。【岡本 素治】。…

※「カカツガユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone