コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゴアミカイメン Leucosolenia laxa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゴアミカイメン
Leucosolenia laxa

海綿動物門石灰海綿綱等腔目アミカイメン科。全体が網目状になっている卵形のカイメン。大きさは2~3cm。細管で構成されるため全体が網目状になる。色は白色から黄褐色。表面には径1~2mmの偽口が開いている。溝系は最も単純なアスコン型骨片石灰質で,三輻体,四輻体,桿状体などからなる。浅海にごく普通の種で,本州以南の各地に分布する。利用価値はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カゴアミカイメン【Leucosolenia laxa】

石灰海綿綱アミカイメン科の海綿動物。本州以南に分布し,沿岸の岩や海藻の根部に付着し,またコケムシなど付着生物群の中に見られる。細管が網目状になって塊状を形づくり,長さ25mmほどの卵形になる。色は白色から黄褐色。体表にはところどころに径0.5~2mmほどのまるい口が開いている。体内を水が通過する溝系はもっとも単純なアスコン型。すべての骨片は石灰質からなり,三輻体が主体になって,他に少数の四輻体や杆状体(かんじようたい)および毛様骨片などを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カゴアミカイメンの関連キーワード石灰海綿類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android