コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサバトリョ カサバトリョ Casa Batlló

2件 の用語解説(カサバトリョの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カサ‐バトリョ(Casa Batlló)

スペイン北東部の都市バルセロナの中心部、アシャンプラ地区にある住宅。建築家アントニオ=ガウディが実業家ジュゼップ=バトリョの依頼により、1904年から1906年にかけて増改築を行った。曲線や曲面を多用した独特な造形で知られる。2005年、「アントニオガウディの作品群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

カサバトリョ【カサバトリョ】
Casa Batllo

スペイン北東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)、アシャンプラ地区のグラシア通り43番地にある、カタルーニャ出身のアントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudíy Cornet、1852~1926年)の作品(建築)。バルセロナの繊維業を営む実業家のジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受けたガウディが1904~1906年にかけて改築した邸宅である。内外装にガウディ独特の曲線的なデザインがなされ、色とりどりのタイルステンドグラスで装飾されている。◇バルセロナ市内には、カサバトリョのほか、同じグラシア通りにあるカサミラ、また、アシャンプラ地区には世界的に有名なサグラダファミリアがあるほか、グエル公園グエル邸、カサヴィセンス、テレサ学園、カサカルヴェット、ベリェスグアルドの合計9つのガウディの作品がある。その他の地域のガウディの作品と合わせて、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサバトリョの関連キーワードサンサルバドルフィゲラスカタルーニャカタルーニャ広場コスタドラダサンジャウマ広場バルセロネータモンジュイックモンセラートランブラス通り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カサバトリョの関連情報