カザン-クレムリンの歴史遺産群と建築物群(読み)カザンクレムリンのれきしいさんぐんとけんちくぶつぐん

世界遺産詳解の解説

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。ロシアのタタールスタン共和国の首都カザン市に位置する。ここは10~16世紀のクレムリン(城塞)の上に新たに建設された城塞都市で、16~19世紀の建造物を中心とした歴史的な遺構が数多く残されている。カザンは、15~16世紀にかけてヴォルガ川中流域を支配したイスラム王朝のカザン・ハン国の首都として栄えた町である。カザン・ハン国は1552年、モスクワ公国のイワン4世(雷帝、1530~1584年)に征服され、この城塞都市は破壊された。その後、城塞跡に新たなクレムリンが造営され、17世紀に入ってピョートル大帝(ロシア帝国初代皇帝)の改革により、ほぼ現在のカザン・クレムリンの原形ができあがった。ロシア正教会のブラゴヴェシェンスキー大聖堂は、カザン・クレムリンの建築では最古とされる、1554~1562年にかけての建造物である。スュユンビケ塔は6層58mの斜塔で、ピョートル大帝の時代の建物といわれている。スパスカヤ(救世主)塔は16~17世紀の遺構である。◇英名はHistoric and Architectural Complex of the Kazan Kremlin

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android