カシパンウニ(読み)かしぱんうに(英語表記)cake-urchin

日本大百科全書(ニッポニカ)「カシパンウニ」の解説

カシパンウニ
かしぱんうに
cake-urchin
sand-dollar

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱タコノマクラ目に属する海産動物の総称。ビスケット、硬貨、あるいは円盤のような形をした変わったウニのグループである。体表は1ミリメートルに満たないほどの短い棘(とげ)で一面に覆われ、殻上面に大きな5弁の花紋がある。赤褐色、褐色、淡紅色、暗灰色、濃紫色などの種があり、傷つくと緑色を帯びるものが多い。口は下面の中心に、肛門(こうもん)は下面、または殻の縁にある。一見、前後の向きがないようにみえるが、動くときには肛門を後位にして前進する。砂泥に浅く潜って生活し、砂泥中の腐食物を餌(えさ)とする。花紋状にみえる所は呼吸をする部分である。殻に鍵穴(かぎあな)のような透かし穴が開いたものや、殻の縁が深く切れ込んだものもある。殻の内部には鍾乳石(しょうにゅうせき)のような支柱がたくさんあって、殻全体がじょうぶになっている。また、口の内側部分にはもみじ葉形の石灰質の口器がある。殻を白くさらして飾り物にすることもある。日本の沿岸に普通にみられるものに、スカシカシパンハスノハカシパンなどがある。スカシカシパンAstriclypeus manniは、本州中部以南の浅海に分布し、直径約12センチメートルの大形種。ハスノハカシパンScaphechinus mirabilisは、日本各地の沿岸に分布し、直径6~7センチメートル。

[重井陸夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカシパンウニの言及

【カシパン】より

…ウニ綱カシパン亜目Laganinaに属する棘皮(きよくひ)動物の総称で,カシパン科,ハスノハカシパン科,スカシカシパン科など5科の種類が含まれる。別名カシパンウニ。平たい菓子パンか,大きなビスケットのような形をしているのでこの名がある。…

※「カシパンウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android