コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシパン Laganidae; cake-urchin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシパン
Laganidae; cake-urchin

棘皮動物門ウニ綱楯形目カシパン科に属する種類の総称。体はその名のとおり扁平で,歩帯は体の上面にのみ限られ,5枚の花びら模様をつくっている。殻表には短いとげが密生し,殻の周縁部はきわめて薄い。海の砂泥底に埋もれて生活し,有機物細片を食物とする。ヨツアナカシパンハスノハカシパンなどの種が知られている。日本各地の浅海の海底に普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カシパン

棘皮動物カシパン亜目のウニ類の総称。殻は丸みを帯びた五角形で,菓子パンまたは大きいビスケットに似るのでこの名がある。短いとげが全面に密生。背面の頂部に小さい生殖口,腹面の中央に口,口と後端の中間に肛門がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カシパン【sand dollar】

ウニ綱カシパン亜目Laganinaに属する棘皮(きよくひ)動物の総称で,カシパン科,ハスノハカシパン科,スカシカシパン科など5科の種類が含まれる。別名カシパンウニ。平たい菓子パンか,大きなビスケットのような形をしているのでこの名がある。日本各地に分布し,浅海の砂泥中に潜って生活する。殻の形は円盤状で,周辺部がやや厚くなっているものや,後縁が波状になっているものもある。殻の全面には短いとげが密生し,上面のとげは長さ1mmくらい,下面のものは2~3mmほどで先端がとがっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカシパンの言及

【ウニ(海胆)】より

…穿孔板からは管を通じて海水が体内に入る。 不正形類では体が扁形か卵形で,カシパンやタコノマクラなどは管足が出る歩帯が5個の花紋状に並び,その中央に4個の生殖孔が開く。口は体の下面中央部にあり,肛門はそのやや後方か後端にある。…

※「カシパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カシパンの関連キーワード菓子パン海胆中川翔子猿枕

カシパンの関連情報