カション(英語表記)Cachon, l'Abbé Mermet de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カション
Cachon, l'Abbé Mermet de

19世紀のフランスのイエズス会宣教師。日本名,和春。初め中国へ赴任し,のち琉球に滞在。安政5 (1858) 年,日仏通商条約締結の際,全権 J.グロ通訳として江戸に赴く。翌年駐日フランス総領事ベルクールのもとで通訳官となる。辞官して箱館でフランス語塾を開いた。おりから同地に左遷された進歩的幕臣栗本鯤 (→栗本鋤雲 ) と相互に知識を交流し,仏和辞典の編集などに従事。公使 L.ロッシュのもとでさらに通訳官に登用され,横浜でフランス語学校を創立。慶応3 (1867) 年,遣欧使節徳川昭武に随行。また留学生の世話を行なうなど,フランスの幕府援助政策に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

カション Cachon, Mermet de

1828-1871 フランスのカトリック宣教師。
1828年9月10日生まれ。安政5年(1858)フランス使節グローの通訳として来日。のち駐日総領事ベルクールや公使ロッシュの通訳をつとめ日仏間の親善につくす。幕府に横浜に仏語伝習所を設立させ,校長となる。慶応3年帰国。享年43歳。レブーシュー出身。日本名は和春。編著に「仏英和辞典」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

カション

没年:1871頃(1871頃)
生年:1828.9.10
幕末期に来航したカトリック司祭。日本名和春。フランスのレ・ブーシューの農民の子。1852年パリの外国宣教会に入り,54年司祭。安政1(1855)年1月那覇に来航。軟禁中に日本語を習得。日仏修好通商条約締結に際し,通訳として江戸に来住。その後,箱館でフランス語を教えつつ布教。この間に仏英和辞書,アイヌ語辞書を編集。文久3(1863)年ごろ帰国し,宣教会を脱会。元治1(1864)年公使ロッシュの通訳官として再来日。翌年幕府が横浜に開いた仏語伝習所で校長を務めた。慶応2(1866)年ごろ帰国。その土地の人々と接触を深める術を心得ていた人物らしい。<参考文献>富田仁『メルメ・カション』

(篠崎恭久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android