コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カション カション Cachon, l'Abbé Mermet de

3件 の用語解説(カションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カション
カション
Cachon, l'Abbé Mermet de

19世紀のフランスイエズス会宣教師。日本名,和春。初め中国へ赴任し,のち琉球に滞在。安政5 (1858) 年,日仏通商条約締結の際,全権 J.グロの通訳として江戸に赴く。翌年駐日フランス総領事ベルクールのもとで通訳官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

カション Cachon, Mermet de

1828-1871 フランスのカトリック宣教師。
1828年9月10日生まれ。安政5年(1858)フランス使節グローの通訳として来日。のち駐日総領事ベルクールや公使ロッシュの通訳をつとめ日仏間の親善につくす。幕府に横浜に仏語伝習所を設立させ,校長となる。慶応3年帰国。享年43歳。レブーシュー出身。日本名は和春。編著に「仏英和辞典」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

カション

没年:1871頃(1871頃)
生年:1828.9.10
幕末期に来航したカトリック司祭。日本名和春。フランスのレ・ブーシューの農民の子。1852年パリの外国宣教会に入り,54年司祭。安政1(1855)年1月那覇に来航。軟禁中に日本語を習得。日仏修好通商条約締結に際し,通訳として江戸に来住。その後,箱館でフランス語を教えつつ布教。この間に仏英和辞書,アイヌ語辞書を編集。文久3(1863)年ごろ帰国し,宣教会を脱会。元治1(1864)年公使ロッシュの通訳官として再来日。翌年幕府が横浜に開いた仏語伝習所で校長を務めた。慶応2(1866)年ごろ帰国。その土地の人々と接触を深める術を心得ていた人物らしい。<参考文献>富田仁『メルメ・カション』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カションの関連キーワードカトリック労働組合カンドー戸塚文卿名和カトリック教会日本遠征記ローマカトリック教会加特力グアルディニロアジー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カションの関連情報