コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステルノー城 カステルノージョウ

デジタル大辞泉の解説

カステルノー‐じょう〔‐ジヤウ〕【カステルノー城】

Château de Castelnaud》フランス南西部、ドルドーニュ県の村カステルノー‐ラ‐シャペルにある城。現在は中世の武器の博物館になっている。12世紀には既にあったとされ、13世紀にカタリ派の領主の居城になった。百年戦争ではイギリス側の拠点。ドルドーニュ川を挟んだ対岸には敵対関係にあったフランス側の拠点、ベナック城がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カステルノー城の関連キーワードシャトーアゼールリドー城アンジェ城アンヌボア城アンボアーズ城アンボワーズ城イフ城オークニクスブール城カーン城ガイヤール城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android