コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステルノー城 カステルノージョウ

デジタル大辞泉の解説

カステルノー‐じょう〔‐ジヤウ〕【カステルノー城】

Château de Castelnaud》フランス南西部、ドルドーニュ県の村カステルノー‐ラ‐シャペルにある城。現在は中世の武器の博物館になっている。12世紀には既にあったとされ、13世紀にカタリ派の領主の居城になった。百年戦争ではイギリス側の拠点。ドルドーニュ川を挟んだ対岸には敵対関係にあったフランス側の拠点、ベナック城がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カステルノー城の関連キーワードシャトーアゼールリドー城アンジェ城アンヌボア城アンボアーズ城アンボワーズ城イフ城オークニクスブール城カーン城ガイヤール城

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android