カセンソウ(読み)かせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カセンソウ
かせんそう / 歌仙草
[学]Inula salicina L. var. asiatica Kitam.

キク科の多年草。茎は細長く、堅い感じがあり、高さ60~80センチメートル、短い毛があってざらつく。葉は堅く、互生し、披針(ひしん)形で先がとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。裏面の葉脈ははっきり浮き出ている。7~9月、茎の上部が分枝して、数個の頭花を上向きに開く。頭花は黄色で、径3~4センチメートル。舌状花は細長く、多数ある。北海道から九州の日当りのよい湿地に生え、朝鮮、中国東北部およびシベリアにも分布する。基本変種はヨーロッパに分布し、茎に毛がほとんどない。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカセンソウの言及

【オグルマ】より

…ヨーロッパ産のヨウシュオグルマI.britannica L.と亜種関係にあるとする意見もある。同属のものとして日本には葉の脈が目だつカセンソウI.salicina L.と,花時にも根出葉のあるミズギクI.ciliaris (Miq.) Maxim.がある。いずれもよく似た花をつける。…

※「カセンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android