コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシング Harvey Cushing

1件 の用語解説(カッシングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カッシング【Harvey Cushing】

1869‐1939
アメリカの外科医。オハイオ州クリーブランドに生まれ,イェール,ハーバード両大学で医学を修め,スイスベルン大学でコッヒャーTheodor Emil Kocher(1841‐1917)から外科を学んだ。帰国後,ボルティモアのジョンズ・ホプキンズ大学で正確な局在定位法にもとづく脳外科の開拓に努力。1912年ハーバード大学に神経外科クリニックを開設し,諸種の脳疾患を手術によって治療する方法を進展させ,脳神経外科学の面目を一新した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカッシングの言及

【クッシング症候群】より

…脳下垂体腺腫から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が過剰に分泌される結果,副腎皮質からのコルチゾール分泌が増加するもの(クッシング病。アメリカのH.カッシング(1869‐1939)が初めて報告),副腎皮質に発生した腫瘍からコルチゾールが過剰に分泌されるもの,脳下垂体以外の腫瘍からACTHが分泌される結果,副腎からのコルチゾール分泌が増加するもの(異所性ACTH症候群)などの病型がある。
[症状・診断]
 満月様顔貌,中心性肥満(体幹のみの肥満),皮膚線条,高血圧,骨粗鬆(そしよう)症,月経異常,多毛,低カリウム血症,耐糖能低下などの症状を呈する。…

※「カッシング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カッシングの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリー亜米利加アメリカ凌霄花アメリカの空アメリカの友人

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カッシングの関連情報