本田(読み)ほんでん

精選版 日本国語大辞典「本田」の解説

ほん‐でん【本田】

〘名〙
荘園制で、新開の田に対して、もとからあった田。〔明衡往来(11C中か)〕
② 江戸時代、旧来ある田畑で、最初の検地帳に登録された田地古田(こでん)
③ 江戸時代、元祿(一六八八‐一七〇四)以前に検地を受けた田畑、屋敷。
苗代田に対して、実際にを植えつけ、収穫する時まで生育させる田。〔地方凡例録(1794)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「本田」の解説

本田
ほんでん

(1) 荘園制において新開田以外の田をいう。 (2) 江戸時代,元禄年間 (1688~1704) 以前に検地を受け村高 (→石高 ) に入れられた田畑をいう。新田に比べて本田は貢租も重く作付制限がきびしく,新田開発も本田の水源や立地を制約しない範囲で行わなくてはならなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「本田」の解説

ほん‐でん【本田】

苗代で育てたの苗を、本式に植えつける田。
荘園制で、新開田に対して、もとからあった田。
江戸時代、新田に対し、旧来の田。また、享保11年(1726)の新検地条目で、元禄年間(1688~1704)以前に検地され検地帳に記載された田。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本田の言及

【穂積[町]】より

…長良川と揖斐(いび)川にはさまれ,町域の大部分は輪中地帯北部(五六輪中)に位置する。集落は天王川,中川など中小河川沿いの自然堤防上に形成され,江戸時代までは中山道の道筋に当たった本田に中心があったが,現在の中心は東海道本線穂積駅周辺である。明治期以降,低湿地で栽培されるコリヤナギを材料とした柳行李やバスケットの製造が盛んであったが,第2次大戦後,衰退した。…

※「本田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android