コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシーニの空隙 カッシーニノクウゲキ

デジタル大辞泉の解説

カッシーニ‐の‐くうげき【カッシーニの空隙】

土星にみられる最も大きな隙間。1675年、イタリア出身の天文学者カッシーニが発見。のちに米国の木星・土星探査機ボイジャーにより、空隙内には地上からは観測できない20本以上の環があることがわかった。カッシーニの間隙(かんげき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カッシーニのくうげき【カッシーニの空隙】

土星の環の中にある最大のすきま。カッシーニが1675年に発見し、このすきまの外側を A 環、内側を B 環と名づけた。のちに、この空隙内にも二〇本以上の細い環が認められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カッシーニの空隙の関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)天文学史(年表)エンケの空隙天文台間隙

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android