コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシーニの空隙 カッシーニノクウゲキ

デジタル大辞泉の解説

カッシーニ‐の‐くうげき【カッシーニの空隙】

土星にみられる最も大きな隙間。1675年、イタリア出身の天文学者カッシーニが発見。のちに米国の木星・土星探査機ボイジャーにより、空隙内には地上からは観測できない20本以上の環があることがわかった。カッシーニの間隙(かんげき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カッシーニのくうげき【カッシーニの空隙】

土星の環の中にある最大のすきま。カッシーニが1675年に発見し、このすきまの外側を A 環、内側を B 環と名づけた。のちに、この空隙内にも二〇本以上の細い環が認められた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カッシーニの空隙の関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)天文学史(年表)エンケの空隙天文台間隙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android