カッスルメーン(伯妃)(読み)カッスルメーン[はくひ](英語表記)Castlemaine, Barbara Villiers, Duchess of Cleveland and Countess of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッスルメーン(伯妃)
カッスルメーン[はくひ]
Castlemaine, Barbara Villiers, Duchess of Cleveland and Countess of

[生]1641
[没]1709.10. チジック
イギリスの貴婦人,国王チャールズ2世の愛人。清教徒革命に国王派として戦死した2代グランディソン子爵ウィリアム・ビリアーズの娘。 1659年 R.パーマーと結婚し,翌年王政復古直後に宮廷に入り,王の愛を受けた。 61年夫がアイルランドのカッスルメーン伯爵に叙せられて伯爵妃になり,62年王妃カサリンの侍女に任じられ,70年クリーブランド婦人公爵に叙せられた。その間王以外にジョン・チャーチル (のちのマールバラ〈公〉 ) や劇作家 W.ウィッチャリーらとも情を通じたが,1670年代なかば王寵はクルーアルに移ったので,77年パリに渡り,85年帰国。 1705年夫の死後再婚したが,相手が重婚のため解消。晩年はチジックで過した。王との間に生れた男子は,それぞれクリーブランド公,グラフトン公,ノーサンバーランド公に叙せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android