マールバラ

百科事典マイペディアの解説

マールバラ

英国の軍人ジェームズ2世に重用され,モンマスの反乱鎮圧にをあげたが,名誉革命にはウィリアム3世を支持。アン女王にみこまれてイギリス・オランダ連合軍総司令官となり,スペイン継承戦争従軍。1704年ブレンハイムの勝利でルイ14世の野望をくじき,国民的英雄となった。その功により女王からブレニム宮殿を与えられた。W.チャーチルはその子孫。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マールバラ
まーるばら
1st Duke of Marlborough John Churchill
(1650―1722)

イギリスの軍人。地主の家に生まれ、ヨーク公(後のジェームズ2世)の知遇を得て軍隊入りし、オランダ戦争、モンマス公の反乱鎮圧などに活躍した。1688年の名誉革命にあたってウィリアム(後の3世)側に寝返り、翌年新政府によって軍司令長官に任ぜられた。ウィリアム3世没後はアン女王の絶大の信任を得、スペイン継承戦争(1701~14)に全軍総司令官として従軍、1703年ドイツのブレンハイムでフランス・バイエルン軍に大勝して国民を狂喜させた。その後も大陸各地に転戦して勝利を収めたが、11年国内の政争に巻き込まれて解任された。18世紀前半を代表する軍人で、20世紀の政治家チャーチルの祖先にもあたる。[大久保桂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

マールバラ

生年月日:1660年5月29日
マールバラ公ジョン・チャーチルの妻
1744年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android