コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王政復古[イギリス] おうせいふっこ[イギリス]Restoration

翻訳|Restoration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王政復古[イギリス]
おうせいふっこ[イギリス]
Restoration

1660年,清教徒革命ののちチャールズ2世が即位し,共和制から王政に戻ったこと。 58年護国卿 O.クロムウェルが死去,3男 R.クロムウェルが跡を継いだが,無能のため軍隊と議会の対立が激化し,翌年護国卿政権は崩壊,無政府状態となった。この情勢をみて,60年スコットランド総督 G.マンクはロンドンに進撃して仮議会を開かせ,亡命中のチャールズに復位を交渉した。チャールズは「ブレダ宣言」を発したうえで,同年5月帰国し,王位についた。王政復古体制は,彼と弟ジェームズ2世の治世まで続き,88年の名誉革命で倒された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

王政復古[イギリス]の関連キーワードチャールズ伊達騒動チャールズフリードリヒ・ウィルヘルムマハンラーコーツィ家浅井了意王政復古(Restoration)古典主義長期議会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android