コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテゴリアイ Katēgoriai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテゴリアイ
Katēgoriai

アリストテレスの『オルガノン』中の『範疇論』。カテゴリーを最初に確定したのはおそらくピタゴラス派である。プラトンもまたいくつかの範疇を措定したが,それを最も詳細に述べて体系づけたのが『カテゴリアイ』であり,実体,量,性質,関係,場所,時,位置,状態,能動,受動などのいわゆるアリストテレスの 10範疇が明らかにされている。後世の論理学 (特に形式論理学) の淵源となり多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カテゴリアイの関連キーワード命題論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android