コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

措定 ソテイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐てい【措定】

ある事物・事象を存在するものとして立てたり、その内容を抽出して固定する思考作用。
定立」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そてい【措定】

( 名 ) スルドイツ Setzung; These〕
〘哲〙
「 S は P である」「 A が存在する」というように、ある命題を端的に主張する働き。事物の存在を肯定したり、その内容を明瞭に示すこと。定立。
推論の前提として、とりあえず肯定された、いまだ証明されていない命題。定立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

措定
そてい
positionthesis英語
Setzung (Setzen)PositionThesisTheseドイツ語
positionthseフランス語

定立(ていりつ)ともいう。(1)何かをそれとしてたてること、事態や対象の存在を想定したり肯定したりすることをさす。(2)狭義には、ある命題を証明なしに直接に主張する思考の働き、あるいはそのように主張された命題をいう。したがって措定は推論の開始をなす。(3)フィヒテでは自己や対象を生み出す自我の活動が、ヘーゲルでは弁証法の第一の契機(モメント)が措定とよばれるが、いずれも前述の二つの意味をあわせもっている。両者とも措定―反措定―総合という運動を考えたが、フィヒテが措定を絶対的であるとするのに対し、ヘーゲルは総合に強調点を置く。[藤澤賢一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

措定の関連キーワードクレティアン・ド・トロア地域主義(国際)ピタゴラス主義万有内在神論カテゴリアイマケドニア語モノロギオンハン(恨)ジルベールプロチノス死に至る病行為関係枠伊藤一彦黒人文学琉球処分四元素論カイロス無知の知田中大秀政治行動

措定の関連情報