淵源(読み)エンゲン

デジタル大辞泉の解説

えん‐げん【×淵源】

物事の起こり基づくところ。根。みなもと。「文化の淵源にさかのぼる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐げん【淵源】

〘名〙
① 物事の起こり基づくところ。物事が成り立っているそのもと。根本。根源。
※玉葉‐文治元年(1185)一二月二七日「今度天下之草創也。尤可行淵源候」 〔班固‐典引〕
② (━する) 物事がそれに基づいて成り立つこと。
※淡窓詩話(19C中)下「古人の詩の源する処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淵源の関連情報