コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナーロ

2件 の用語解説(カナーロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カナーロ

アルゼンチン・タンゴバンドリーダーで作曲家。独学でバイオリンなどの楽器を習得し,1906年からタンゴの演奏者として活躍を始め,1916年に五重奏団を結成。次いでオルケスタ・ティピカと呼ばれる大編成のバンドを結成し,1925年パリに演奏旅行して大成功を収め,以後つねに第一線に立って活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カナーロ【Francisco Canaro】

1888‐1964
アルゼンチン・タンゴのバンド・リーダーで作曲家。ウルグアイ生れで2歳のときブエノスアイレスに移り,独学でバイオリンなどの楽器を習得,1906年にプロの楽団に入り,22年に自分の楽団で初めてレコードを吹き込み,25年には楽団を率いてパリに遠征した。以後一貫して人気最高のバンド・リーダーとしてタンゴ界に君臨。演奏は大衆好みの派手なスタイルだったが,作曲家としては地味な佳曲を数多く残した。代表作に《センティミエント・ガウチョ》《エル・ポリート》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カナーロの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴおたんちんコンチネンタルタンゴピアソラミロンガプエルトイグアス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone