カヌー競技用語集(読み)かぬーきょうぎようごしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヌー競技用語集
かぬーきょうぎようごしゅう

アイ・シー・エフ ICF
 International Canoe Federationの略。国際カヌー連盟のこと。
ウォーター・マン water man
 発艇助手。ポンツーン(艇台)の上にいてカヌーを押さえ、スタートラインに各艇の艇首をそろえる役目をする人。
エスキモー・ロール Eskimo roll
 スラロームやワイルドウォーター、カヌーポロで転覆した際に、パドルや手で水中をかきながら1回転して起き上がる技術。
カヌー・ナンバー canoe number
 カヌースプリントでは、白色地に黒色で数字を記した標示板を艇に取り付けて競技を行う。
カヌーポロ canoe polo
 カヌーに乗った球技、いわゆる「カヌーによる水球」のこと。
カポック kapok
 パンヤ綿のことで、カヌーではカナディアン・カヌーに乗るとき膝(ひざ)当てにするもの。
キャッチ catch
 漕(こ)ぎ始めるときパドルのブレード(水かき)を鋭く水面に入れて引くこと。漕ぎ出しのこと。
グリップ grip
 パドルの握り。
ゲート gate
 スラロームでは、2本のポールを下げて門(ゲート)をつくり、そこを通過しながら漕ぎ下る。下り用(ダウンストリーム)のポールは緑色と白色の縞(しま)模様、上り用(アップストリーム)は赤色と白色の縞模様で、いずれも最下段は白色にしなければならない。
コーミング coaming
 水の浸入を防ぐ縁板で、ブレークウォーターともいう。
ジェー・シー・エフ JCF
 Japan Canoe Federationの略。公益社団法人日本カヌー連盟のこと。
Jストローク J stroke
 漕ぎ方の一種。カナディアン・カヌーを直進させるために、ストロークの後半を、水面にJの字を書くように曲げて漕ぐ。
スターン stern
 艇尾。
ストレッチャー stretcher
 足掛け。
ストローク stroke
 漕ぎ方。ひと漕ぎ。
スプレー・カバー spray cover
 座席に水が入らないようにつけるカバー。
テレマーク・ターン telemark turn
 元来はスキーの回転技術の一つであるが、カヌーでも、パドルを外側に突き出し、そこを支点として回転する技法をいう。
バウ bow
 艇首。
パドル paddle
 櫂(かい)。カヌーを漕ぎ進める道具。カヌーではオールoarとはいわない。
ピッチング pitching
 艇の縦揺れ。
フィニッシュ finish
 ストローク動作の最後の部分をいう。漕ぎ終わりのこと。また、決勝レースをも意味する。
フェリー・グライド ferry glide
 艇を上流に向けたまま川を横切る技術。
ブレード blade
 パドルの水かきの部分。
ペナルティー・ポイント penalty point
 スラローム競技で、ゲートに触れたり、通過しなかった場合に科せられる罰点。触れた場合には2点、通過できなかった場合には50点が加算される。
ライフ・ジャケット life jacket
 救命胴衣。初心者や、スラローム、ワイルドウォーターを行うときは、かならず着用しなければならない。
ラダー rudder
 舵(かじ)
ローリング rolling
 艇の横揺れ。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android