カピンガマランギ[島](英語表記)Kapingamarangi Island

世界大百科事典 第2版の解説

カピンガマランギ[島]【Kapingamarangi Island】

赤道のやや北,東経154゜30′に位置する太平洋上の環礁。ミクロネシア連邦に属する。33の小島から成る1.12km2ほどの陸地部分に約400人が住む。地理的にはミクロネシアに属するが,隣のヌクオロ島と同じく,主として南太平洋を東へと移住していったポリネシア人が再び紀元1千年紀に西方に再移住して形成された〈ポリネシア文化の飛地Polynesian outlier〉のひとつであることが学術的に認められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android