コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフェ・ゲルボア Café Guerbois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフェ・ゲルボア
Café Guerbois

19世紀,パリのモンマルトル,バティニョール街 (現在のクリシー街9番地) にあったカフェ。落選展を機にマネの周囲に集るようになった芸術家たちが,1866年頃からここで毎週1度の会合をもつようになった。 68年頃に高まりをみせ,パリ・コミューン後は「カフェ・ヌーベル・アテヌ」に代り,やがて印象主義形成の基盤となる。当時「マネ派」とか「バティニョール派」と世間で呼ばれたこの集りには,マネを中心にゾラ,デュランティ,デュレなどの作家,批評家,バジール,ドガ,ルノアール,ピサロ,モネ,シスレー,セザンヌなどの画家,それに彫刻家で詩人のアストリュク,版画家 F.ブラックモン,写真家ナダールらが集り,新しい芸術について論じ合ったことで有名。 (→印象主義 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カフェ・ゲルボアの関連キーワードルノアール(Pierreピエール・オーギュスト ルノアールファンタン・ラトゥールギヨーマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android