コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフェ・ゲルボア カフェ・ゲルボアCafé Guerbois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフェ・ゲルボア
Café Guerbois

19世紀,パリのモンマルトル,バティニョール街 (現在のクリシー街9番地) にあったカフェ落選展を機にマネの周囲に集るようになった芸術家たちが,1866年頃からここで毎週1度の会合をもつようになった。 68年頃に高まりをみせ,パリ・コミューン後は「カフェ・ヌーベル・アテヌ」に代り,やがて印象主義形成の基盤となる。当時「マネ派」とか「バティニョール派」と世間で呼ばれたこの集りには,マネを中心にゾラ,デュランティデュレなどの作家,批評家,バジール,ドガ,ルノアール,ピサロ,モネ,シスレーセザンヌなどの画家,それに彫刻家で詩人のアストリュク,版画家 F.ブラックモン,写真家ナダールらが集り,新しい芸術について論じ合ったことで有名。 (→印象主義 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報