カブール川(読み)カブールがわ(英語表記)Kabul

翻訳|Kabul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブール川
カブールがわ
Kabul

アフガニスタン領からパキスタンへ流れているインダス川の支流。全長約 700km,そのうち約 560kmがアフガニスタン領内を流れる。ウナイ峠のふもとが水源地。パルワーン州カブール州およびナンガルハール州を流れ,ジャラーラーバード付近でコナル川と合流。深い峡谷を刻みながらカイバー峠の北側を通って,パキスタン領に入り,ペシャワル平原を潤しながら,インダス川へと流入する。パンジェシェールには発電所が完成されている。ジャラーラーバードから下流は筏と小舟が航行可能。このカブール川渓谷は前 330~326年にアレクサンドロス大王がインドに侵入した通路であった。 1945年以後は,ペシャワル-ジャラーラーバード-カブール間のハイウェーが並行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブール川
かぶーるがわ
Kbul

アフガニスタン、パキスタンを流れる、インダス川の支流。カーブル川ともいう。アフガニスタン中央東部のパグマン山地に発し、アフガニスタンの首都カブールを通過してのち、カイバー峠の北方で国境を越えてパキスタンに入り、アトックの北郊でインダス川に合流する。全長約510キロメートル。アフガニスタン、パキスタン両国で灌漑(かんがい)用水として用いられるほか、アフガニスタンでは水力発電用にも利用されている。パンジシール川、スワット川などの支流をもつ。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カブール川の関連情報