コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブール川 カブールがわKabul

翻訳|Kabul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブール川
カブールがわ
Kabul

アフガニスタン領からパキスタンへ流れているインダス川の支流。全長約 700km,そのうち約 560kmがアフガニスタン領内を流れる。ウナイ峠のふもとが水源地。パルワーン州カブール州およびナンガルハール州を流れ,ジャラーラーバード付近でコナル川と合流。深い峡谷を刻みながらカイバー峠の北側を通って,パキスタン領に入り,ペシャワル平原を潤しながら,インダス川へと流入する。パンジェシェールには発電所が完成されている。ジャラーラーバードから下流は筏と小舟が航行可能。このカブール川渓谷は前 330~326年にアレクサンドロス大王がインドに侵入した通路であった。 1945年以後は,ペシャワル-ジャラーラーバード-カブール間のハイウェーが並行している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブール川
かぶーるがわ
Kbul

アフガニスタン、パキスタンを流れる、インダス川の支流。カーブル川ともいう。アフガニスタン中央東部のパグマン山地に発し、アフガニスタンの首都カブールを通過してのち、カイバー峠の北方で国境を越えてパキスタンに入り、アトックの北郊でインダス川に合流する。全長約510キロメートル。アフガニスタン、パキスタン両国で灌漑(かんがい)用水として用いられるほか、アフガニスタンでは水力発電用にも利用されている。パンジシール川、スワット川などの支流をもつ。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カブール川の関連キーワードノース・ウェスト・フロンティア州クジューラ・カドフィセースカブール(アフガニスタン)バラキラージャンジャララバードヌーリスターンラグマーン州メナンドロスノウシェラワルダク州マルダンスワットスワート

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android