コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプアス川 カプアスがわSungai Kapuas

2件 の用語解説(カプアス川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプアス川
カプアスがわ
Sungai Kapuas

インドネシア,ボルネオ島カリマンタンの西部を流れる川。全長 1143km。同島中央部,マレーシアとの国境をなすカプアス山脈に源を発し,大きく蛇行しながら西南西に流れる。途中,スフワネル (シュワーネル) 山脈から流出するメラウィ川を合せ,ポンティアナック南方に広大な湿地帯を形成して南シナ海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプアス川
かぷあすがわ
Sungai Kapuas

インドネシア西部、カリマンタン(ボルネオ島)西部を流れる川。カプアス山脈に発し、赤道沿いにほぼ西流して南シナ海に注ぐ。全長1143キロメートル流域面積10万平方キロメートルで、カリマンタン最大の河川である。上流部には多数の湖沼があり、下流部には広大なデルタが形成されている。満潮時には百数十キロメートル内陸部まで海水が遡流(そりゅう)するため、デルタは湿地となり、農業生産は行われていない。自然の交流路としての機能をもち、河口から約500キロメートル上流まで小型蒸気船の遡航が可能である。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone