コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カベソン Cabezón, Antonio de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カベソン
Cabezón, Antonio de

[生]1500.3.30. カストリリョ
[没]1566.3.26. マドリード
スペインのオルガン奏者,作曲家。 16世紀最大の鍵盤音楽家の一人。幼時に失明。フェリペ2世にオルガン奏者として仕え,随行してヨーロッパ各地をめぐり,各地の音楽様式に触れると同時に,オルガン奏者としての名声を得た。器楽曲の多くは,息子エルナンドによって死後出版された『鍵盤楽器,ハープおよびリュート曲集』 Obras de musica para tecla arpa y vihuela (1578) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カベソン

スペインの作曲家,オルガン奏者。北スペインのブルゴス地方出身。幼時に失明するが秀でた楽才を示し,18歳でスペイン王室に召し抱えられ,フランドル出身のカルロス1世(カール5世)とその息子フェリペ2世に仕える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カベソン
かべそん
Antonio de Cabezn
(1510―1566)

スペインの盲目のチェンバロ奏者、オルガン奏者、作曲家。ブルゴス近郊のカストリリョに生まれる。バレンシア宮廷に仕えたのち、1526年からトレドでイサベラ王妃に、さらにその死後はカルロス1世、ついでフェリペ2世に仕えた。フェリペ2世に随行した54~56年のロンドン滞在では、イギリスの指導的な作曲家と接し、彼の得意とした変奏曲(ディフェレンシアス)などの技法を伝え、イギリスのバージナル音楽隆盛のきっかけをつくった。66年3月26日、マドリードで没した。死後、息子エルナンドにより器楽曲集(1578・マドリード)が編纂(へんさん)、出版された。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カベソンの関連キーワードオメロ アリディヒスフェリペ[2世]カール[5世]スペイン音楽オルガン音楽3月30日ビクトリア樋口隆一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android