コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カベソン カベソンCabezón, Antonio de

3件 の用語解説(カベソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カベソン
カベソン
Cabezón, Antonio de

[生]1500.3.30. カストリリョ
[没]1566.3.26. マドリード
スペインオルガン奏者,作曲家。 16世紀最大の鍵盤音楽家の一人。幼時に失明。フェリペ2世にオルガン奏者として仕え,随行してヨーロッパ各地をめぐり,各地の音楽様式に触れると同時に,オルガン奏者としての名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カベソン

スペインの作曲家,オルガン奏者。北スペインのブルゴス地方出身。幼時に失明するが秀でた楽才を示し,18歳でスペイン王室に召し抱えられ,フランドル出身のカルロス1世(カール5世)とその息子フェリペ2世に仕える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カベソン
かべそん
Antonio de Cabezn
(1510―1566)

スペインの盲目のチェンバロ奏者、オルガン奏者、作曲家。ブルゴス近郊のカストリリョに生まれる。バレンシア宮廷に仕えたのち、1526年からトレドイサベラ王妃に、さらにその死後はカルロス1世、ついでフェリペ2世に仕えた。フェリペ2世に随行した54~56年のロンドン滞在では、イギリスの指導的な作曲家と接し、彼の得意とした変奏曲(ディフェレンシアス)などの技法を伝え、イギリスのバージナル音楽隆盛のきっかけをつくった。66年3月26日、マドリードで没した。死後、息子エルナンドにより器楽曲集(1578・マドリード)が編纂(へんさん)、出版された。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カベソンの関連キーワードスペイン音楽奥多摩中距離競走デカスロン高木美帆救急・在宅等支援療養病床初期加算I KAMIKO値幅制限ブハラ・ハーン国後土御門天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone