コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カベソン カベソン Cabezón, Antonio de

3件 の用語解説(カベソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カベソン
カベソン
Cabezón, Antonio de

[生]1500.3.30. カストリリョ
[没]1566.3.26. マドリード
スペインオルガン奏者,作曲家。 16世紀最大の鍵盤音楽家の一人。幼時に失明。フェリペ2世にオルガン奏者として仕え,随行してヨーロッパ各地をめぐり,各地の音楽様式に触れると同時に,オルガン奏者としての名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カベソン

スペインの作曲家,オルガン奏者。北スペインのブルゴス地方出身。幼時に失明するが秀でた楽才を示し,18歳でスペイン王室に召し抱えられ,フランドル出身のカルロス1世(カール5世)とその息子フェリペ2世に仕える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カベソン
かべそん
Antonio de Cabezn
(1510―1566)

スペインの盲目のチェンバロ奏者、オルガン奏者、作曲家。ブルゴス近郊のカストリリョに生まれる。バレンシア宮廷に仕えたのち、1526年からトレドイサベラ王妃に、さらにその死後はカルロス1世、ついでフェリペ2世に仕えた。フェリペ2世に随行した54~56年のロンドン滞在では、イギリスの指導的な作曲家と接し、彼の得意とした変奏曲(ディフェレンシアス)などの技法を伝え、イギリスのバージナル音楽隆盛のきっかけをつくった。66年3月26日、マドリードで没した。死後、息子エルナンドにより器楽曲集(1578・マドリード)が編纂(へんさん)、出版された。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カベソンの関連キーワードテリトリー粕取り雑誌ショートリリーフ驪竜粕取りノーストリリアマーカス島服部鷯吉粕取カストリウム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone