コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポエイラ カポエイラ〈ポルトガル〉capoeira

デジタル大辞泉の解説

カポエイラ(〈ポルトガル〉capoeira)

楽器の伴奏に合わせて足技などを披露するスポーツブラジルで、奴隷の護身術から生まれたとされる。カポエラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カポエイラ【capoeira】

植民地時代からブラジルのサルバドル市など北東部に発達した舞踏,闘技。原型は,カポエイラアンゴラと呼ばれ,アフリカ系舞踏の性格が強い。それでも,黒人大衆の反抗の手段となり得たため,たびたび禁止され,19世紀には,演武は犯罪とされた。20世紀になって,空手やフランスサバトsavateの影響を受けて,多彩で強力な足蹴り技をもつカポエイラ・レジオナルが成立し,今では,サン・パウロリオ・デ・ジャネイロでも教えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カポエイラの関連情報