コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムイシン カムイシン Kamyshin

2件 の用語解説(カムイシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムイシン
カムイシン
Kamyshin

ロシア南西部,ボルゴグラード州の都市。州都ボルゴグラードの北北東約 170km,ボルガ川下流部につくられたボルゴグラード人造湖の西岸に位置する河港都市。 17世紀後半ボルガ川の水路を守るための要塞がつくられたことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カムイシン【Kamyshin】

ロシア連邦,ヨーロッパロシア南東部,ボルゴグラード州にあるボルガ川に臨む河港都市。人口12万7000(1993)。ボルゴグラードの北約190kmに位置し,機械工業軽工業食品加工工業がさかん。1668年ボルガの水路防衛のため建設され,1780年まではドミトリエフスキーDmitrievskiiと呼ばれていた。19世紀には商業都市として繁栄した。ウリ類とくにスイカの生産地をひかえて,その取引で有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カムイシンの関連キーワードキーロフ欧露コミヨーロッパロシアロシアンブルーロシア連邦共産党ウリヤノフスクコミ[共和国]モルドビア[共和国]ロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone